ホーム > 研究内容 > 難治性炎症性疾患、ヒトレトロウイルス感染症の病態に関する研究

難治性炎症性疾患、ヒトレトロウイルス感染症の病態に関する研究

本プロジェクトでは、潰瘍性大腸炎等の炎症疾患の病態メカニズム、ヒトT細胞性白血病ウイルスI型(HTLV-I)による脊髄症(HAM)や白血病の発症メカニズム、ワクチン開発に関する研究を、本学消化器内科、聖マリアンナ医科大学や国立感染症研究所等との共同研究として行っています。

  

References

Araya, N., Sato, T., Ando, H., Tomaru, U., Yoshida, M., Coler-Reilly, A., Yagishita, N., Yamauchi, J., Hasegawa, A., Kannagi, M., Hasegawa, Y., Takahashi, K., Kunitomo, Y., Tanaka, Y., Nakajima, T., Nishioka, K., Utsunomiya, A., Jacobson, S. and Yamano, Y. HTLV-1 induces a Th1-like state in CD4+CCR4+ T cells. J. Clin. Invest. 124, 3431-3442 (2014).

Ando, H., Sato, T., Tomaru, U., Yoshida, M., Utsunomiya, A., Yamauchi, J., Araya, N., Yagishita, N., Coler-Reilly, A., Shimizu, Y., Yudoh, K., Hasegawa, Y., Nishioka, K., Nakajima, T., Jacobson, S. and Yamano, Y. Positive feedback loop via astrocytes causes chronic inflammation in virus-associated myelopathy. Brain 136, 2876-2887 (2013).