ホーム > 研究内容 > がん幹細胞とがんの微小環境に関する研究

がん幹細胞とがんの微小環境に関する研究

がん組織の中にわずかに存在するがん幹細胞は、自己複製能や多分化能、治療抵抗性を有し、がんの転移・再発の原因となります。臨床的に重要ながん幹細胞の特性は、細胞周期静止状態であり、これによって細胞分裂を標的とする既存の抗がん剤に抵抗性となってしまいます。私たちは、単層培養した上皮系フィーダー細胞と成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)細胞とを一晩直接共培養することによって、ATL細胞が足場依存性多細胞凝集塊(Anchorage-dependent multicellular aggregates Ad-MCAs)形成によって容易にがん幹細胞様特性を獲得してしまうという現象を見出しました。本プロジェクトでは、この新規性の高い現象の分子メカニズムの解明を進めています。

  

References

Miyatake Y. and Kasahara M. Anchorage-dependent multicellular aggregate formation induces CD44 high cancer stem cell-like phenotypes in adult T-cell leukemia/lymphoma cells. “Inflammation and Immunity in Cancer”, Springer (2015).

Miyatake Y., Sheehy N., Ikeshita S., Hall WW. and Kasahara M. Anchorage-dependent multicellular aggregate formation induces CD44 high cancer stem cell-like ATL cells in an NF-kappa B- and vimentin-dependent manner. Cancer Letts. 357, 355-363 (2015).

Miyatake Y., Oliveira AL., Jarboui MA., Ota S., Tomaru U., Teshima T., Hall WW. and Kasahara M. Protective roles of epithelial cells in the survival of adult T-cell leukemia/lymphoma cells. Am. J. Pathol. 182, 1832-1842 (2013).