ホーム > 研究内容 > 自己免疫・炎症性疾患の病態・病因に関する研究

自己免疫・炎症性疾患の病態・病因に関する研究

潰瘍性大腸炎における免疫応答の異常、特にNKG2A陽性T細胞の腸管免疫における役割をヒトサンプルやマウス腸炎モデルを用いて解析しています。また、共同研究として血管炎に関する研究も行っています。

References

Now preparing for publications.