ホーム > 研究内容 > 免疫プロテアソームに関する研究

免疫プロテアソームに関する研究

MHC分子はタンパク質の断片であるペプチドをT細胞に提示することにより,個体の免疫応答を始動させます。このプロジェクトでは,MHCクラスI結合ペプチドの産生に与るプロテアソームの研究を行っています。プロテアソームは本来免疫系のために存在するものではありませんが,抗原提示に特化した特殊なプロテアソームが存在することが明らかになっています。このプロジェクトでは、免疫プロテアソームのT細胞 repertoire 形成における役割,病態への関与について研究を進めています。

References

Tomaru, U. and Kasahara, M. Thymoproteasome: roles in thymic selection and clinical applications as a diagnostic marker of thymic epithelial tumors. Arch. Immunol. Ther. Exp. 61, 357-365 (2013).

Tatsumi, K., Sou, Y.-S., Tada, N., Nakamura, E., Iemura, S., Natsume, T., Kang, S. H., Chung, C. H., Kasahara, M., Kominami, E., Yamamoto, M., Tanaka, K. and Komatsu, M. A novel type of E3-ligase for the Ufm1-conjugation system. J. Biol. Chem. 2855417-5427 (2010).

Tanaka, K. and Kasahara, M. The MHC class I ligand-generating system: Roles of immunoproteasomes and the interferon-γ-inducible proteasome activator PA28. Immunol. Rev. 163161-176 (1998).