ホーム > 研究内容 > 可変性リンパ球受容体に関する基礎的・応用的研究

可変性リンパ球受容体に関する基礎的・応用的研究

ヒトの抗原レセプターである免疫グロブリンやT細胞レセプターは、V, (D), Jセグメントを遺伝子再構成により繋ぎ合せることにより多様性を生み出します。しかしながら、すべての脊椎動物がこのような抗原レセプターを保有しているわけではありません。最も原始的な脊椎動物である円口類は、免疫グロブリンやT細胞レセプターとはまったく構造的に異なる分子を抗原レセプターとして用いていることが明らかになりました。可変性リンパ球レセプター variable lymphocyte receptor (VLR) と命名されたこのレセプターはロイシン・リッチ・リピート・モジュールを遺伝子変換様の機序により繋ぎ合せることにより、ヒトの免疫グロブリンに匹敵する多様性と特異性を生み出します。このプロジェクトでは、VLRに関する基礎研究を推進するとともに、VLRを免疫グロブリン抗体に代わる新たな抗体として医学・生命科学の領域で応用することを目指しています。VLR抗体は免疫グロブリン抗体が苦手とする糖鎖の認識に優れていることが示唆されており、糖鎖腫瘍マーカーの検出など幅広い領域での応用が期待されています。

References

Kasahara, M. and Sutoh, Y. Two forms of adaptive immunity in vertebrates: similarities and differences. Adv. Immunol. 122, 59-90 (2014).

Boehm, T., McCurley, N., Sutoh, Y., Schorpp, M., Kasahara, M. and Cooper, M. D. VLR-based adaptive immunity. Annu. Rev. Immunol. 30, 203-220 (2012).

Kasamatsu, J., Sutoh, Y., Fugo, K., Otsuka, N., Iwabuchi, K. and Kasahara, M. Identification of a third variable lymphocyte receptor in the lamprey. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 107, 14304-14308 (2010).