ホーム > 研究内容 > 非古典的クラスI分子に関する研究

非古典的クラスI分子に関する研究

主要組織適合遺伝子(Major Histocompatibility Complex: MHC)クラスI分子は、抗原提示に主役を演じる古典的クラスI分子と、それ以外の非古典的クラスI分子に大別されます。非古典的クラスI分子の中には、ナチュラルキラー細胞の活性化をもたらすNKG2Dリガンド分子群や、特殊な抗原提示を行うCD1、 MR1分子の他、疾患の発症や生体防御にかかわる数多くの分子が存在します。このプロジェクトでは、NKG2Dリガンド分子群や当分野で同定されたMILL分子群に焦点を当て、その構造、機能、病態への関与について研究を進めています。MILL分子は免疫学の代表的な教科書であるJaneway’s Immunobiologyにも第7版(2008年)から掲載されています。

References

Kasahara, M. and Yoshida, S. Immunogenetics of the NKG2D ligand gene family. Immunogenetics 64855-867 (2012).

Kajikawa, M., Baba, T., Tomaru, U., Watanabe, Y., Koganei, S., Tsuji-Kawahara, S., Matsumoto, N., Yamamoto, K., Miyazawa, M., Maenaka, K., Ishizu, A. and Kasahara, M. MHC class I-like MILL molecules are β2-microglobulin-associated, GPI-anchored glycoproteins with unique expression patterns. J. Immunol. 1773108-3115 (2006).

Kasahara, M., Watanabe, Y., Sumasu, M. and Nagata, T. A family of MHC class I-like genes located in the vicinity of the mouse leukocyte receptor complex. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 9913687-13692 (2002).