ホーム > 研究内容 > ストレス誘導性NKG2Dリガンドの病態における役割

ストレス誘導性NKG2Dリガンドの病態における役割

免疫細胞が活性化される仕組みの一つに、induced-self recognitionがあります。これは、NK細胞などの表面に発現される活性化レセプターが、がん化やウイルス感染などのストレスによって誘導される標的細胞上の自己分子を認識する仕組みです。このようなストレス誘導性自己分子の中で、特に重要なのがNKG2Dリガンドです。本プロジェクトでは、当分野で同定されたマウスNKG2Dリガンドの解析を中心として、NKG2Dリガンドの腫瘍免疫、感染免疫、創傷治癒における役割を追究しています。病理検体を用いたヒトNKG2Dリガンドの研究も行っています。

References

Kasahara, M. and Yoshida, S. Immunogenetics of the NKG2D ligand gene family. Immunogenetics 64855-867 (2012).

Yoshida, S., Mohamed, R. H., Kajikawa, M., Koizumi, J., Tanaka, M., Fugo, K., Otsuka, N., Maenaka, K., Yagita, H., Chiba, H. and Kasahara, M. Involvement of an NKG2D ligand H60c in epidermal dendritic T cell-mediated wound repair. J. Immunol. 188, 3972-3979 (2012).

Takada, A., Yoshida, S., Kajikawa, M., Miyatake, Y., Tomaru, U., Sakai, M., Chiba, H., Maenaka, K., Kohda, D., Fugo, K. and Kasahara, M. Two novel NKG2D ligands of the mouse H60 family with differential expression patterns and binding affinities to NKG2D. J. Immunol. 180, 1678-1685 (2008).